LinkWrite

LinkWrite[link, expr]
exprlink で指定される MathLink に書き込む.

詳細詳細

  • link は,LinkLaunchLinks等の関数の返すアクティブなLinkObjectでなければならない.
  • LinkWrite[link, Unevaluated[expr]]を使うことで,評価をせずに式 expr をリンクに書き出すことができる.
  • expr の頭部は,式を受け取るプログラムがそれをどう処理したらよいかを指示するパケットであることが多い.
  • LinkWriteが使われ Mathematica カーネルにデータが送られるとき,EnterTextPacket["string"]が入力行のテキストを入力し,EvaluatePacket[expr]は評価のために式を送る.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

補助的な Mathematica カーネルプロセスを起動する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最初のパケットを読む:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

を評価せずにリンクに書く:

In[3]:=
Click for copyable input

結果を読む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

リンクを閉じる:

In[5]:=
Click for copyable input
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »