ListConvolve

ListConvolve[ker, list]
list のたたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, k]
kerk 次の要素がlist の各要素と揃えられる循環たたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, {kL, kR}]
最初の要素が を含み,最後の要素が を含む循環たたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, klist, p]
list の最後が要素 の反復で充填されるような,たたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, klist, {p1, p2, ...}]
list の最後が で循環反復充填されるたたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, klist, padding, g, h]
gTimesの代りに,hPlusの代りに使われる一般化されたたたみ込みを形成する.

ListConvolve[ker, list, klist, padding, g, h, lev]
kerlist でレベル lev の要素を使い,たたみ込みを形成する.

詳細詳細

  • とリスト により,ListConvolve[ker, list]は,を計算する.ただし総和の範囲は,核がリストの両側にはみ出さないこととする.
  • ListConvolve[ker, list]は,長さがLength[list]-Length[ker]+1の結果を与える.
  • ListConvolve[ker, list]では,はみ出しは許されず,ListConvolve[ker, list, {-1, 1}]に等価である.
  • ListConvolve[ker, list, k]は,ListConvolve[ker, list, {k, k}]に等価である.
  • ListConvolve[ker, list, {kL, kR}]での および の値は,list の最後で許されるはみ出しの量を決定する.
  • の通常の設定:
  • {-1,1}はみ出しなし(デフォルト)
    {-1,-1}右端で最大はみ出し
    {1,1}左端で最大はみ出し
    {1,-1}両端で最大はみ出し
  • 片端だけでの最大はみ出しでは,ListConvolveからの結果の長さは list と同じである.
  • ListConvolve[ker, list, {kL, kR}, padlist]は,padlist の反復コピーを置き,それらの上に list の1個のコピーを重ね合せ,結果をたたみ込みすることになる.
  • padlist の通常の設定:
  • p単一要素の反復で充填
    {p1,p2,...}要素列の循環反復で充填
    listlist を循環して充填 (デフォルト)
    {}充填しない
  • ListConvolveは,多次元核およびデータのリストにも使用可能である.
  • ListConvolve[ker, list, {{kL1, kL2, ...}, {kR1, kR2, ...}}]は,要素がを含み,要素がを含む循環たたみ込みを形成する.
  • に等価となる.
  • 関数 hPlusの代りに使用を指定された場合,深さが ker の深さに等しい,明示的にネストされた h 式が生成される.
  • ListConvolveは,厳密数値,記号データおよび近似数を扱える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

データリストで核をたたみ込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

循環的なたたみ込みをもとのデータと同じ長さにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

核の要素2をデータ中の連続する要素と整列させる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データを循環的に使う代りにで充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次元たたみ込み:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »