ListLinePlot

ListLinePlot[{y1, y2, ...}]
x 座標の1, 2, ... に相当すると推定される値のリストを通る線をプロットする.

ListLinePlot[{{x1, y1}, {x2, y2}, ...}]
特定の の位置を通る線をプロットする.

ListLinePlot[{list1, list2, ...}]
複数の線をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ListLinePlotには,Graphicsと同じオプションに以下の追加・修正を加えたものが使われる.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ClippingStyleNone線が切り取られたときに何を描くか
    ColorFunctionAutomatic線の色付けをどのように決定するか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    DataRangeAutomaticデータとして推定する x の値の範囲
    FillingNone各行の下の充填
    FillingStyleAutomatic充填に使用するスタイル
    InterpolationOrderNoneデータ点を繋ぐために使われる曲線の多項式の次数
    MaxPlotPointsInfinity含める点の最大数
    MeshNone各線に描くメッシュ点の数
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き場所をどのように決めるか
    MeshShadingNoneメッシュ点間の領域にどのように陰影付けするか
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic補間やデータ整理のためのメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNoneデータ集合の凡例
    PlotMarkersNone各点を示すために使うマーカー
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic各線のスタイルを決めるグラフィックス指示子
  • PlotStyle->Automaticのとき,異なる線には一連の異なるプロットスタイルが用いられる.
  • PlotStyle->{style1, style2, ...}のとき,は各線のスタイルを決定するために循環的に使用される.
  • PlotMarkers->Automaticのとき,各 の各点を示すために明示的なマーカーが描かれる.
  • TooltipStatusAreaあるいはAnnotationを使って,点や線にインタラクティブなラベル付けができる.
  • Tooltip[yi]あるいはTooltip[{xi, yi}]は,点の座標をツールチップに表示するように指示する.
  • Tooltip[list]は,リスト中のすべての点について座標ツールチップを表示するように指示する.
  • Tooltip[list, label]は,で定義された線に指定されたツールチップラベルを与える.
  • PlotLegendsのよく使われる設定値:
  • None凡例は付けない
    Automatic凡例を自動的に決定する
    {lbl1,lbl2,...}凡例のラベルとして , , ... を使う
    Placed[lspec,...]凡例の置き方を指定する
  • Legended[list, label]list で指定された線に指定された凡例ラベルを付ける.
  • ListLinePlot[{list1, list2, ...}]はデフォルトにより,各 の連続する値に対する 座標の値が1から始まって連続する整数であると解釈する.
  • DataRange->{xmin, xmax}で使用する x 座標の別の範囲を指定する.の中で最長のものの最終要素と関連付けられている.
  • デフォルト設定のDataRange->Automaticでは,ListLinePlot[{{a11, a12}, ..., {an1, an2}}]は,それぞれが2つの点しか含んでいない n 個の別々の線に y の値を与えるのではなく,1本の線上の n 個の点にy の値を与えると解釈される.
  • ListLinePlot[list, DataRange->All]は常に が別々の線のリスト中の値を表すと解釈する.
  • SparseArrayオブジェクトであってもよい.
  • ListLinePlotTemporalDataオブジェクトを直接プロットすることができる.
  • MeshFunctionsの関数に渡される引数は x, である.ColorFunction中の関数には,デフォルトでこれらの引数のスケールされたバージョンが渡される.
  • 関数は各線に沿ってすべて評価される.
  • ClippingStyle->Automaticのとき,線がプロット範囲の外に出た場合その線はプロットエリアの最上部または最下部に描かれる.
  • 通常ListLinePlotGraphics[{Line[...], ...}]を返す.
  • Fillingの指定を与えられると,ListLinePlotGraphics[{GraphicsComplex[...], ...}]を返す.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »