ListLogPlot

ListLogPlot[{y1, y2, ...}]
x の座標1, 2, ...に対応すると考えられる の対数プロットを作成する.

ListLogPlot[{{x1, y1}, {x2, y2}, ...}]
xy の値の指定されたリストの対数プロットを作成する.
値のリストを通る線を描く.

ListLogPlot[{list1, list2, ...}]
値の複数のリストをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ListLogPlot[list]は,デフォルトで各値を別々の点としてプロットする.
  • ListLogPlot[list, Joined->True]は,値のリストを通る線を描く.
  • ListLogPlotは,実質的に{xi, Log[yi]}をプロットするが,目盛マークはもとの の値を示す.
  • ListLogPlotは指数が直線に見えるようにする.
  • ListLogPlotListPlotと同じオプションを持つ.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

の値のリストを対数のスケールでプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

点を線で繋げる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

, のペアのリストを の対数スケールでプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のデータ集合をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

塗り潰されたプロットを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »