ListPlay

ListPlay[{a1, a2, ...}]
レベル の列で与えられる振幅でサウンドとして生成するオブジェクトを作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ListPlayは,Soundオブジェクトを返す.このオブジェクトは,クリックするとサウンドを生成するボタンとしてStandardFormで表示される.
  • 指定可能なオプション:
  • DisplayFunctionAutomatic表示する出力を作成するための関数
    PlayRangeAll演奏に含む振幅レベルの範囲
    SampleDepth8それぞれの振幅レベルを表すのに使用するビット数
    SampleRate8192秒あたりの振幅サンプルの作成数
  • ListPlay[{list1, list2}]は,ステレオサウンドを作成する.左チャンネルが最初に与えられる.
  • ListPlay[{list1, list2, ...}]は,サウンドを任意の数のチャンネルに作成する.リストの長さが異なる場合,短いリストの末尾に黙音が追加される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

ランダムなノイズを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

4096Hzのサンプルレートでランダムなノイズを演奏する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »