Locator

Locator[{x, y}]
グラフィックス中の位置にあるロケータオブジェクトを表す.

Locator[Dynamic[pos]]
位置が の動的に更新された値になるようにする.ロケータオブジェクトが移動するとこの値はリセットされる.

Locator[{x, y}, obj]
をロケータオブジェクトとして表示する.

Locator[{x, y}, None]
可視的なものは何もロケータオブジェクトとして表示しない.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Locator[{x, y}, Automatic]は,ロケータオブジェクトのデフォルトである「十字カーソル」を使用する.
  • Locator[Dynamic[{x, y}]]は,ロケータオブジェクトが動かされると の値をリセットする.Locator[{x, y}]はリセットしない.
  • Locator[Dynamic[{x, y}], None]は,目に見えるような位置を示す直接表現は行わないが,Point[Dynamic[{x, y}]]のような構造と一緒に使うことができる.  »
  • Deploy[expr]内のLocatorオブジェクトは,例えばSliderオブジェクトのようにインタラクティブに操作することができる.  »
  • が自己の絶対サイズを定義しなければ,ロケータとして使用されるときのサイズは,LocatorImageSizeオプションを使って指定することができる.
  • ImageSizeの設定値は,TinySmallMediumLarge,あるいは印刷用ポイント数での明示的な値である. »
  • ロケータオブジェクトの中心は,AlignmentPointオプションの設定か,デフォルトで の境界ボックスの中心であるとみなされる.
  • 次のオプションが使用できる.
  • AppearanceAutomaticロケータの基本的な外観
    AutoActionFalseマウスがグラフィックスの上に置かれたときに自動的に動かすかどうか
    EnabledAutomaticロケータを有効にするか,無効(灰色表示)にするか
    ImageSizeAutomatic表示するロケータオブジェクトの大きさ
    LocatorRegionAutomaticどこにロケータオブジェクトを移動させるか
  • Locator[]Locator[Scaled[{0.5, 0.5}]]と等価である. »
  • Locatorを使って,変数の値をロケータの位置で決めるようにManipulateの変数のコントロールを指定することができる. »
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »