LocatorPane

LocatorPane[{x, y}, back]
の位置にあるロケータと背景 back を含むペインを示す.

LocatorPane[Dynamic[pt], back]
動的に更新される pt の現行値をロケータの位置とする.ロケータが移動されると pt はリセットされる.

LocatorPane[{pt1, pt2, ...}, back]
位置 , , ...にある複数のロケータを設定する.

LocatorPane[Dynamic[{pt1, pt2, ...}], back]
ロケータ位置を動的に更新される の現行値とする.

LocatorPane[pts, back, {{xmin, ymin}, {xmax, ymax}}]
ロケータ座標の範囲を指定する.

LocatorPane[pts, back, {{xmin, ymin}, {xmax, ymax}, {dx, dy}}]
ジャンプ dx, dy を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ロケータペインの背景はグラフィックスでも任意の式でもよい.
  • Graphicsオブジェクト について,LocatorPane[pt, g]はデフォルトで,pt の座標範囲を g におけるPlotRangeに対応するグラフィックスの座標範囲であるとする.
  • 一般的な式については,LocatorPane[pt, expr]pt の座標範囲が各方向に0から1であるとする.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • AppearanceAutomaticロケータの外観
    AutoActionFalseマウスが上に来たときに,ロケータを自動的に動かすかどうか
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとどのように揃えるか
    BaseStyle{}ロケータペインのベーススタイル指定
    ContinuousActionTrueロケータが動かされている間,継続的に更新するかどうか
    EnabledAutomaticロケータペインを有効にするか,そのロケータを無効(灰色表示)にするか
    Exclusions{}除外する特定の点
    LocatorAutoCreateFalseクリックによる新たなロケータの作成を許容するかどうか
    TouchscreenAutoZoomFalseタッチスクリーン上でアクティベートされた場合にフルスクリーンにズームするかどうか
  • Appearance->g の設定の場合,ロケータペイン中のすべてのロケータが g として表示される.ただし,g は任意のグラフィックスまたは他の式である. »
  • Appearance->{g1, g2, ...}の場合は,i 番目のロケータが として表示される. »
  • LocatorPane[{pt1, pt2, ...}, back, {range1, range2, ...}]は,ロケータによって異なる範囲を指定する.
  • LocatorPane[pts, back, range]は,デフォルトで,任意のクリックを直近のロケータに向ける.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

ロケータが1つで背景画像が円板のロケータペインを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のロケータを作る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Dynamicを使ってロケータ位置を変数と繋ぐ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のロケータに同じことをする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »