MATHEMATICA 組込みシンボル

LocatorRegion

LocatorRegion
Locatorのオプションで,デフォルトでロケータオブジェクトをドラッグできる場所を指定する.

詳細詳細

  • よく使われる設定値:
  • Automatic現行グラフィックスのプロット範囲
    Full現行グラフィックスの画像サイズ
  • LocatorRegion->Fullのとき,ロケータオブジェクトはAspectRatioImageSizeの設定値の不一致の結果として残されたスペースに入ることはできない.
  • LocatorRegionはロケータオブジェクトのインタラクティブな操作にのみ影響を与える.Dynamicを介しての再設定には影響しない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

Locatorが現行グラフィックスのPlotRange内に収まるべきかどうか指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »