LogitModelFit

LogitModelFit[{y1, y2, ...}, {f1, f2, ...}, x]
の形式の,連続する x の値1, 2, ...に をフィットする二項ロジスティック回帰モデルを構築する.

LogitModelFit[{{x11, x12, ..., y1}, {x21, x22, ..., y2}, ...}, {f1, ...}, {x1, x2, ...}]
の形式の二項ロジスティック回帰モデルを構築する.ただし,は変数 に依存する.

LogitModelFit[{m, v}]
計画行列 m と応答ベクトル v から二項ロジスティック回帰モデルを構築する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • LogitModelFitは,自身が構築したロジスティックモデルを表す記号的なFittedModelオブジェクトを返す.モデルの特性と診断は model["property"]で得ることができる.
  • 特定の点 , ...におけるLogitModelFitからの最もよくフィットした関数の値は で得ることができる.
  • の形式のデータでは,座標の数 , , ...は変数 の数に対応しなければならない.
  • は0から1までの確率である.
  • の形式のデータはの形式のデータに等しい.
  • LogitModelFitは,もとの が平均が の二項分布に従う独立した観察値であるという仮定の下に,という形式のロジスティックモデルを作成する.
  • LogitModelFit[{m, v}]では,という形のデータ点における基底関数 の値から計画行列 m が形成される.応答ベクトル v は応答のリストである.
  • 計画行列 m と応答ベクトル v について,モデルは である.ただし, は推定されるパラメータのベクトルである.
  • 計画行列が使われる場合,基底関数 LogitModelFit[{m, v}, {f1, f2, ...}]という形式を使って指定することができる.
  • LogitModelFitは, ExponentialFamily->"Binomial"およびLinkFunction->AutomaticGeneralizedLinearModelFitに等しい.
  • LogitModelFitにはExponentialFamilyLinkFunctionを除いてGeneralizedLinearModelFitと同じオプションが使える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

データ集合を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

ロジスティックモデルをデータにフィットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

モデルの関数形を見る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ある点でモデルを評価する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

データ点とモデルをプロットする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

モデルにフィットされた値を計算する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

尤離度残差を可視化する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »