Manipulator

Manipulator[x]
0から1の範囲に を設定したマニピュレータを表す.

Manipulator[Dynamic[x]]
動的に更新された の現行値を設定値とする.の値はマニピュレータが動かされるとリセットされる.

Manipulator[x, {xmin, xmax}]
から までの範囲のマニピュレータを表す.

Manipulator[x, {xmin, xmax, dx}]
ステップ でジャンプするマニピュレータを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Manipulator[...]は,ノートブック上に,インタラクティブに操作できる水平のスライダーと追加的なコントロールの集合として表示する.
  • Manipulator[Dynamic[x]]は,マニピュレータの設定が変更されると の値をリセットする.Manipulator[x]はリセットしない. »
  • Manipulateはデフォルトにより,可能な値の範囲を持つように指定されている変数については,Manipulatorオブジェクトを生成する.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • AppearanceAutomaticマニピュレータの全体的な外観
    AppearanceElementsAutomatic表示されたマニピュレータに含む要素
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストとの相対的な位置付け
    ContinuousActionTrueマニピュレータのコントロールが変更されたときに継続的に更新するかどうか
    EnabledAutomaticマニピュレータを有効にするか,無効にする(灰色表示する)か
    ImageMargins0表示されたマニピュレータの周囲の余白
    ImageSizeAutomatic表示されたマニピュレータの全体的な画像サイズ
  • Appearanceの可能な設定値にはTinySmallMediumLarge等がある.この他に{"Open", Small}等の組合せも使うことができる.
  • Appearance->"Labeled"とすると,マニュピュレータの現行値が編集可能なラベルとして表示される.
  • デフォルトのマニピュレータはの要素を含んでいる.これらの要素は任意の順序で,AppearanceElementsの設定として与えられるリストで指定することができる.
  • Manipulator[]Manipulator[0]と等価である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

デフォルトの初期状態とデフォルトではない初期状態:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

x の値を動的に変更する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

範囲を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

刻み幅と範囲を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »