MatrixPlot

MatrixPlot[m]
行列中の要素の値を視覚的に表すプロットを生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MatrixPlot[m]は,行列が一般的にフォーマットされるのと同じように,デフォルトで m の連続する行をページの下に向けて,連続する列を横に向けて並べる.
  • MatrixPlotは,デフォルトで,ゼロ値を白で,負の値を青みがかった色で,正の値を赤みがかった色で表示する.
  • MatrixPlotでは,ArrayPlotのオプションに以下の変更を加えたものが使える.
  • ClippingStyleAutomatic切り取られた値をどのように表示するか
    FrameTrueプロットの周囲に枠を描くかどうか
    FrameTicksAll枠にどのような目盛を入れるか
    MaxPlotPointsAutomatic含める点の最大数
  • PlotRange->r は,-r から+r までの間の のみを示すように指定する.
  • デフォルト設定のColorFunctionScaling->Trueでは,各行列要素の相対的な値とランキングに基づいてスケーリングが行われる.最終的にスケールされた値は常に0から1の間にあり,スケールされた値0.5が行列要素の値0に相当する.
  • デフォルト設定のMaxPlotPoints->Automaticでは,非常に大きなあるいは疎な行列は,MatrixPlotが生成するプロットで構造が見えるようにダウンサンプルされる.
  • MatrixPlotSparseArrayオブジェクトに使うことができる.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »