MatrixQ

MatrixQ[expr]
expr がリストのリストあるいは行列を表すことができる二次元のSparseArrayオブジェクトのときはTrueとなる.その他の場合はFalseとなる.

MatrixQ[expr, test]
expr の各行列要素に test を適用した結果がTrueのときに限りTrueを返す.

詳細詳細

  • MatrixQ[expr]は,expr がリストであり,そのリストの各要素がリストである要素を含まない同じ長さのリストである場合,および expr が二次元のSparseArrayオブジェクトである場合にのみTrueとなる.
  • MatrixQ[expr, NumberQ]expr が数値的な行列かどうかを検証する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

オブジェクトが行列かどうかのテスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

以下は行列ではない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

テストを使って一般化したり特化したりする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »