MaxDetect

MaxDetect[image]
白い画素が image 中の一定の最大拡張値に相当するバイナリ画像を与える.

MaxDetect[image, h]
値の範囲が h を超えない最大拡張値を求める

MaxDetect[data, ...]
最大値検出をデータ配列に適用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MaxDetect[image]は範囲内の最大値を求める.
  • 最大拡張値とは連結された画素集合で,周囲のすべての画素値がこの集合内の画素値よりも小さいものである.
  • MaxDetect[image, h]は事実上高さ h 以下の最大値を切り取り,残りのすべての一定の範囲内最大値を返す.
  • MaxDetect[image]MaxDetect[image, 0]に等しい.
  • MinDetectは,デフォルトで,指定された画素の周りのすべての画素を隣接するものとみなす.隣接画素は,2Dでは8個,3Dでは26個である.
  • オプション設定をCornerNeighbors->Falseとすると,座標軸方向の画素のみ,つまり2Dでは4画素,3Dでは6画素が隣接するものとして扱われる.
  • MaxDetectはバイナリ画像,グレースケールの画像,その他の画像に使うことができる.
  • MaxDetect は3D画像にも2D画像と同じように使うことができる.また,任意の階数のデータ配列にも使うことができる.
  • MaxDetectPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0で黒い背景に相当する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

高度マップで周囲から少なくとも0.2飛び出している範囲を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

旗の中の星と帯を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »