MaxMemoryUsed

MaxMemoryUsed[]
現行の Mathematica セッションのデータを保存するのに使われる最大のバイト数を与える.

詳細詳細

  • ほとんどのコンピュータシステムでは,MaxMemoryUsed[]は外部プロセスのステータス要求から得られる結果に近いものを与える.
  • MaxMemoryUsed[]は,通常コード領域,スタック領域や,ヒープメモリの断片化による影響を考慮に入れない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

セッション中に使用された最大メモリを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

計算中に最大メモリ使用量がどれほど増加したかを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »