MaxRecursion

MaxRecursion
NIntegratePlot等の関数のオプションで,再帰分割が何回行えるかを指定する.

詳細詳細

  • MaxRecursion->n は,n レベルまでの再帰を行うように指定する.
  • 再帰分割は,一定レベルの質を持った結果に到達するためにはより多くのサンプルが必要だと思われる箇所に限って行われる.
  • d 次元では,それぞれの再帰分割で,d の指数関数的に増大する因子が取るサンプル数が大きくなる.
  • MaxRecursion->Infinityは再帰分割の回数を制限しない.
  • 不連続や無限の高速度での振動を含む関数の場合,無限に部分分割を行っても収束しないことがある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

特徴がはっきりした非常に質の高いプロットを得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

適応的再帰をより多くして急速に変化する関数の積分を解く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »