MemberQ

MemberQ[list, form]
list の要素が form にマッチした場合にTrueを,その他の場合にFalseを返す.

MemberQ[list, form, levelspec]
listlevelspec で指定されたすべての部分リストを調べる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • formには,パターンを使用することもできる.
  • MemberQの第1引数はListに限らず,任意の頭部を持つことができる.
  • MemberQ[list, form]は,list の部分式が,form にマッチするかどうかを調べる.Element[x, dom]は,x が記号領域 dom の要素であることを意味する.
  • MemberQは標準的なレベル指定を行う.
  • nレベル からレベル n まで
    Infinityレベル からInfinityまで
    {n}レベル n のみ
    {n1,n2}レベル からレベル まで
  • MemberQlevelspec のデフォルト値はである.
  • 正のレベル n は,n 個の指標で指定された のすべての部分からなる.
  • 負のレベル-n は,深さ nexpr のすべての部分からなる.
  • レベルは,数,記号,下位区分を持たないその他のオブジェクトからなる.
  • レベルは式全体に相当する.
  • Heads->Trueというオプション設定では,MemberQは式の頭部とその部分を見る.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »