MemoryConstrained

MemoryConstrained[expr, b]
を評価し,バイト以上のメモリが要求されると,その評価を停止する.

MemoryConstrained[expr, b, failexpr]
メモリの制限条件が満たされないと failexpr を返す.

詳細詳細

  • MemoryConstrainedは,の評価中,必要な追加メモリ領域が バイトを超えると の評価を停止するために割込みを発生する.
  • MemoryConstrainedは,評価が中止された場合にのみを評価する.
  • MemoryConstrainedは,評価が中止され,かつ が指定されていない場合は$Abortedを返す.
  • MemoryConstrainedによって発生される放棄はAbortによって発生される放棄と同様に取り扱われるため, AbortProtectによって無効にされることがある.
  • MemoryConstrained[expr, Infinity]はメモリに制限条件を課さない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

メモリリミットを超すまでコマンドを実行する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このループはRangeの結果に対するメモリの割当てがリミットを超えるまで実行される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »