MeshShading

MeshShading
プロット関数のオプションで,メッシュ区切り間の領域に使う色のリストを与える.

詳細詳細

  • MeshShading->{c1, c2, ...}のとき,個のメッシュ区切りで定義された n+1 個領域のそれぞれについては,色指示子が循環的に使用される.
  • MeshShading->{{c11, c12, ...}, {c21, ...}, ...}のとき,2つのメッシュ関数で定義された 次のパッチには,が循環的に使用される.
  • 個のメッシュ関数が指定されている場合,MeshShadingの設定は深さの配列でなければならない.
  • MeshShadingの設定は,SparseArrayオブジェクトでもよい.
  • デフォルト設定のMeshShading->Noneでは,メッシュ領域に関連する他の色指示子を追加することはできない.
  • MeshShading配列の要素は,RGBColorHueのような色指示子かRedBlueのような名前付きの色でなければならない.これらに加えOpacityも使うことができる.
  • MeshShadingで定義された領域が曲面の場合は,EdgeFormFaceFormSpecularityのような指示子も使うことができる.
  • MeshShadingで定義された範囲が線分である場合は,ThicknessDashingのような指示子も使うことができる.
  • 指示子はDirective[g1, g2, ...]を使って組み合せることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

メッシュライン間の部分にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲線に沿って色を交互に使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MeshShadingColorFunctionとともに使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MeshShadingを使って曲面の一部を取り除く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »