Message

Message[symbol::tag]
これが抑制されていない限りメッセージ を出力する.

Message[symbol::tag, e1, e2, ...]
メッセージを出力し,必要に応じて の値を挿入する.

詳細詳細

  • Messageは,出力を$Messagesチャンネルに生成する.
  • Off[symbol::tag]を使ってメッセージを抑制することができる.また,On[symbol::tag]を使ってメッセージを活性化できる.
  • 継続した2つの入力行について Mathematica は,特定の名前を持ったメッセージが最大3回まで出力するが,この最後のメッセージ出力にはGeneral::stopを出力する.
  • Off[General::stop]により,Mathematica はメッセージを繰り返すようになる.
  • 特定の入力行の評価中,この入力行に結合されたメッセージ名に,HoldFormにくくられたリスト$MessageListが追加される.第 n 番目の入力行の評価の終りに,$MessageListの値が,MessageList[n]に割り当てられる.
  • Message[mname, e1, e2, ...]StringForm[mess, e1, e2, ...]として出力される.ただし mess はメッセージmname の値である.文字列 mess 中のの形式の入力要素は,対応する によって置換される.
  • としてメッセージを指定している場合,Messageはリスト$Language中の各言語に対して を検索する.これによって見付からない場合,実際のメッセージ の検索を行う.それでも見付からない場合はGeneral::tag の検索を同じようにして行う.この結果,何のメッセージも見付からない場合,大域変数$NewMessageに与えられた任意の値をsymbolに適用する.
  • としてメッセージを指定している場合,Messageは特定の言語 lang に限定して検索する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

メッセージを出す:

エラーの際にはメッセージを出し未評価で返す関数を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

メッセージを定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »