MessageDialog

MessageDialog[expr]
OKボタンとともに expr を表示する標準的なメッセージダイアログを開く.

MessageDialog[expr, {lbl1:>act1, lbl2:>act2, ...}]
ラベル のボタンを含む.このボタンはクリックされると対応する を評価する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • コンテンツ expr はテキスト,グラフィックス,その他の式のいずれでもよい.
  • MessageDialogは直ちに戻るが,それにより生成されたダイアログは,ボタンのいずれかが押されるまで,あるいはダイアログウィンドウが閉じられるまで開いたままである.
  • MessageDialog[expr]OKボタンを含むダイアログを生成する.EnterEscを押すと,OKボタンを押したものに等しいとみなされる.
  • MessageDialogexpr の表示に使われる領域の外部に,自動的にボタンを配置する.
  • MessageDialogはデフォルトで,一般のメッセージダイアログの外観を持つノートブックを開く.オプション設定にはWindowFloating->FalseWindowSize->AllWindowTitle->Noneがある.
  • MessageDialogはデフォルトでメインのディスプレースクリーンの中央に開く.WindowMarginsを明示的に設定すると,これ無効にすることができる.
  • MessageDialogはそれにより作成されたノートブックに対応するNotebookObjectを返す.
  • Mathematica がノートブックフロントエンドなしで実行された場合,MessageDialog[expr, ...]expr をテキスト形式で,ボタンその他のコントロールを付けずに出力する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

メッセージをそれ自身のウィンドウに表示する:

メッセージには任意の式を入れることができる:

バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »