MessageName


メッセージの名前である.

詳細詳細

  • に値を定義することでメッセージを指定することができる.
  • は,MessageName[symbol, "tag"]に変換される.この際,tag はシンボルの名前の中に現れる任意の文字を含むことができる.symbol::"tag"を使用することもできる.
  • の割当ては,シンボル sMessages値に記憶される.
  • f::usageメッセージは,通常一般的な用法の関数のためのものであり,どのように関数を使うかの説明を与える.
  • ?f は,このメッセージ f::usageを出力する.
  • ?form が2つ以上の関数を見出した場合は関数の名前だけが出力される.
  • On[s::tag]Off[s::tag]を使ってメッセージをオンまたはオフにすることができる.
  • MessageName[symbol, "tag", "lang"] は,特定の言語でのメッセージを表す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

関数の使用法メッセージを定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

使用法メッセージを示す:

評価中に生成されたメッセージを処理する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »