Mod

Mod[m, n]
mn で割った商の剰余を与える.

Mod[m, n, d]
オフセット d を使う.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学的整数関数である.
  • 整数 mn に対して,Mod[m, n]n-1の間にある.
  • Mod[m, n, 1]の結果はn の間であり,Partのような関数で使用するのに適している. »
  • Mod[m, n, d]の結果は, および であるような を与える.
  • Mod[m, n]には,mn が両方とも実数である限り,常に n と同じ符号が与えられる.
  • Mod[m, n]m-n Quotient[m, n]と同値である.
  • Mod[m, n, d]は,m-n Quotient[m, n, d]と同値である.
  • Modの引数は,整数に限らず,任意の数値となり得る. »
  • 正の x について,Mod[x, 1]は,x の小数部を与える.
  • 厳密な数値に対して,Modの内部では数値近似が使われる.この手続きは,大域変数$MaxExtraPrecisionの設定により影響を受ける.
  • Modは,Quotientによる定義を使って複素数にも使える.
  • Modは,自動的にリストに縫い込まれる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

3を法としたときの剰余:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3を法として1をオフセットとしたときの剰余:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

固定した法で数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

法を変化させて数列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »