MorphologicalComponents

MorphologicalComponents[image]
image 中の各画素が,その画素がある連結された前面の画像要素を表す整数指数で置換された配列を与える.

MorphologicalComponents[image, t]
t より上の値を前面として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MorphologicalComponentsはさまざまな連結成分に連続する整数を割り当てる.
  • MorphologicalComponentsは画像中の背景に対応する画素に0を与える.
  • MorphologicalComponents[image]MorphologicalComponents[image, 0]に等しい.
  • MorphologicalComponentsは,デフォルトで,指定された画素の周囲の8画素すべてを隣接するものとして扱う.
  • オプション設定CornerNeighbors->Falseは座標方向の4画素のみを隣接するものとして扱う.
  • MorphologicalComponentsはバイナリ画像,グレースケール画像,その他の画像に使用することができる.
  • MorphologicalComponentsPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0で,黒い背景に相当する.
  • MorphologicalComponentsは要素の連結性を指定するMethodオプションをサポートする.使用可能な設定:
  • "Connected"連結成分にラベルを付ける(デフォルト)
    "Nested"ネストした連結成分にラベルを付ける
    "Convex"重なり合わない凸領域内のオブジェクトにラベルを付ける
    "ConvexHull"重なり合わない凸包を求める
    "BoundingBox"重なり合わない境界ボックスを求める
    "BoundingDisk"重なり合わない境界円板を求める
  • MorphologicalComponents[image, Method->"Connected"]Image3Dオブジェクトにも使うことができる.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »