MorphologicalPerimeter

MorphologicalPerimeter[image]
image の前面領域のモルフォロジー的な境界を取り出す.

MorphologicalPerimeter[image, t]
t より上の値を前面として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MorphologicalPerimeter[image, ...]は,モルフォロジー的な境界上にあるとみなされる画素が値1を持ち,その他が値0を持つバイナリ画像を与える.
  • モルフォロジー的な境界は,背景と直接隣り合う前面の画素からなると定義される.
  • MorphologicalPerimeterはバイナリ画像,グレースケールの画像,多チャンネル画像,任意の階数の実数配列に使うことができる.
  • MorphologicalPerimeter[image]MorphologicalPerimeter[image, 0]に等しい.
  • MorphologicalPerimeterは,デフォルトで,ある画素に隣接する8個の画素すべてを隣接するものとみなす.
  • オプション設定のCornerNeighbors->Falseは座標方向の4つの画素のみを隣接するものとみなす.
  • MorphologicalPerimeterPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0で,黒い背景に相当する.
  • MorphologicalPerimeterImage3Dオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

前面オブジェクトの境界を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

強度の閾値を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »