MorphologicalTransform

MorphologicalTransform[image, f]
バイナリ画像 image の各画素の3×3近傍に関数 f を適用する.

MorphologicalTransform[image, rule]
規則番号 rule で指定されたモルフォロジー変換を適用する.

MorphologicalTransform[image, "name"]
名前付きの変換を使う.

MorphologicalTransform[image, transformation, n]
imagetransformationn 回繰り返して適用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • MorphologicalTransform[image, f]では,f は任意の3×3のバイナリ行列を0と1にマップする関数である.
  • MorphologicalTransform[image, {f1, f2, ...}, n]は関数 n 回繰り返して連続適用する.
  • MorphologicalTransformはバイナリ画像あるいはバイナリ画像のリストに対して使うことができる.
  • 次の名前付き関数指定がサポートされている.
  • 求める特徴:
  • "EndPoints"端点を求める
    "SkeletonEndPoints"スケルトンオブジェクトの端点を求める
    "SkeletonBranchPoints"スケルトンの分岐点を求める
  • 連結領域:
  • "Bridge"2つ以上の連結していない近傍領域と連結する場合は中心画素を1にする
  • 充填とクリア:
  • "Clean"直接近傍がない前景画素を反転させる
    "Flip"直接近傍の値が等しい背景と前景の画素を反転させる
    "Fill"直接近傍が白の画素を設定する
    "Remove"直接近傍が白の画素を周辺は残してクリアする
    "Break"H形の配置の連結画素をクリアする
    "BoundingBoxes"オブジェクトが境界ボックス方向に成長するようにギャップを埋める
    "BoundingDiamonds"オブジェクトが境界ダイヤモンド方向に成長するようにギャップを埋める
    "DiagonalFill"対角を埋める
    "CornerFill"コーナーを埋める
    "BoundaryStraighten"ギザギザの境界を綺麗にする
  • 総和型操作と外部総和型操作:
  • "Max"3×3ボックス行列で拡張
    "Min"3×3ボックス行列で収縮
    "Commonest"近傍の最頻画素値を設定
    "LifeGame"人生ゲームの操作
  • 平行移動オプション:
  • "Top"上方に1画素平行移動
    "Bottom"下方に1画素平行移動
    "Left"左に1画素平行移動
    "Right"右に1画素平行移動
    "TopLeft"上方左に1画素平行移動
    "TopRight"上方右に1画素平行移動
    "BottomLeft"下方左に1画素平行移動
    "BottomRight"下方右に1画素平行移動
  • MorphologicalTransformPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

各画素を各3×3近傍の最大値で置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

事実上孤立した前景画素を見付ける規則を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

一連の操作を使ってモルフォロジー的なオープニングを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

水平の上界を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

名前付きの規則を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

収束するまで変換を繰り返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »