MouseAppearance

MouseAppearance[expr, graphic]
expr が表示されているエリアにマウスポインタがきたときにマウスカーソルが graphic になるようにする.

MouseAppearance[expr, graphic, {x, y}]
グラフィックス中の座標をマウスカーソルのホットスポットとして使う.

MouseAppearance[expr, graphic, Scaled[{x, y}]]
スケールされた座標をマウスカーソルのホットスポットとして使う.

MouseAppearance[expr, "cursorname"]
名前付きカーソルをマウスカーソルとして使う.

MouseAppearance[expr, Automatic]
通常のマウスカーソル動作に戻す.

詳細詳細

  • MouseAppearanceの第2引数には任意の式が使える.Mathematica はその式がマウスカーソルとしての使用に相応しくなるように,式を自動的にRasterizeする.
  • MouseAppearanceの第2引数が大き過ぎてシステムがカーソルとして表示できない場合,Mathematica は縦横比を変えずに自動的にこれを再スケールしてシステムがカーソルとして表示できる最大の大きさにする.
  • MouseAppearanceはネストさせることができる.マウスが示す式をラップしている最も内側のMouseAppearanceが常に優先される.
  • マウスカーソルに特定のホットスポットが指定されていない場合,ホットスポットは中央であると推定される.
  • 名前付きカーソルはカスタム仕様のホットスポット値を持つことはできない.
  • 第2引数がGraphicsオブジェクトの場合,ホットスポットはそのグラフィックスの座標系内に置かれる.さもなければ,で指定される座標がScaled座標系に置かれる.
  • オペレーティングシステムのデフォルトカーソルを参照する名前付きカーソルはコンピュータによって異なって見えることがある.
  • に使用可能な値:
  • "Arrow"デフォルトのマウスポインタ
    "Edit"テキスト選択に使用されるカーソル
    "LinkHand"ハイパーリンクに使用されるカーソル
    "NoOp"クリック不可の範囲を示すために使われるカーソル
    "FrameLRResize"水平方向のサイズ変更に使われるカーソル
    "FrameTBResize"垂直方向のサイズ変更に使われるカーソル
    "FrameFallingResize"対角方向のサイズ変更に使われるカーソル
    "FrameRisingResize"対角方向のサイズ変更に使われるカーソル
    "DragAndDrop"ドラッグアンドドロップ操作に使われるカーソル
    "DragGraphics"画像の選択部分をドラッグするのに使われるカーソル
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »