NMaximize

NMaximize[f, x]
x について を数値的に最大にする.

NMaximize[f, {x, y, ...}]
x, y, ... について を数値的に最大にする.

NMaximize[{f, cons}, {x, y, ...}]
制約条件 の下で を数値的に最大にする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NMaximizeの形のリストを返す.
  • は方程式,不等式およびその論理結合を含むことができる.
  • NMaximizeは,与えられた制約条件下で常に f の大域的最大値を求めようとする.
  • デフォルトでは,すべての変数が実数であると仮定される
  • xIntegersを使って変数が整数値のみを取れるように指定することができる.
  • fcons が線形の場合,実数値と整数値の両方でNMaximizeは常に大域的な最大値を求めることができる.
  • それ以外の場合,NMaximizeは極大値のみしか求められないこともある.
  • NMaximizeは,制約条件を満たせない場合には{-Infinity, {x->Indeterminate, ...}}を返す.
  • 指定可能なオプション:
  • AccuracyGoalAutomatic目標となる最終確度桁数
    EvaluationMonitorNonef が評価されたときに常に評価される式
    MaxIterations100使用する最大反復回数
    MethodAutomatic使用されるアルゴリズム
    PrecisionGoalAutomatic目標となる最終精度桁数
    StepMonitorNoneステップを取るたびに常に評価される式
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算に使用する精度
  • AccuracyGoalPrecisionGoalのデフォルト設定はWorkingPrecision/2である.
  • AccuracyGoalPrecisionGoalの設定で最大値の位置の値と最大になったときの関数の値の両方で目標とする桁数を指定する.
  • NMaximizeは,AccuracyGoalPrecisionGoalで指定された目標値のどちらかが達成されるまで計算を続ける.
  • Methodオプションの設定可能な値はである.
バージョン 5 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »