NeedlemanWunschSimilarity

NeedlemanWunschSimilarity[u, v]
文字列またはベクトル uv の間のNeedleman-Wunsch類似度を表す数を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • NeedlemanWunschSimilarity[u, v]は要素 u と要素 v の間の最適な大域的並べ方を求め,1要素マッチの数を返す.
  • 文字列の場合,IgnoreCase->Trueと設定すると,NeedlemanWunschSimilarityは大文字小文字の違いを無視する.
  • デフォルト設定のSimilarityRules->Automaticでは,2文字間の各マッチで全体の類似度スコアに加えられ,ミスマッチ,挿入,削除があるとそれぞれが加えられる.
  • オプションのGapPenaltyで,一続きの挿入や削除の際に類似度スコアから差し引くその他の費用が指定される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

2つの文字列間のNeedleman-Wunsch類似度:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのベクトル間のNeedleman-Wunsch類似度:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »