Nor

Nor[e1, e2, ...]
論理的NOR関数である.与えられた引数を順に評価し,いずれかがTrueを与えると直ちにFalseを返し,すべてがFalseの場合にはTrueを返す.

詳細詳細

  • StandardFormおよびInputFormではNor[e1, e2, ...]として入力できる.記号はEscnorEscあるいは\[Nor]として入力できる. »
  • Nor[e1, e2, ...]Not[Or[e1, e2, ...]]に等しい. »
  • Norは属性HoldAllを持ち,引数の評価を明示的に制御する.Nor[e1, e2, ...]では,は順番に評価される.その中のいずれかがTrueと判明した時点で評価は中止される. »
  • Norは,必要に応じてFalseである初期の引数を削除し,記号的な結果を与える.
  • NorFlatではない.
バージョン 4.1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »