Not

!expr
論理否定関数で,式 exprTrueの場合にはFalseを,Falseの場合にはTrueを返す.

詳細詳細

  • Not[expr]は,¬expr のように,StandardFormInputFormで入力できる.記号Esc!EscEscnotEscあるいはとして入力できる. »
  • Notは,さまざまな簡約化の規則を適用し必要に応じて記号的な結果を与える.
  • テキストベースのフロントエンドで Mathematica を使う際,!expr が行の先頭に置かれる場合は式!exprNot[expr]の代りに使うことはできない.この場合,!expr はシェルエスケープと解釈されるためである. »
バージョン 1 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »