NullRecords

NullRecords
Readやこれに関連した関数に与えるオプションで,連続したセパレータの間に空記録があるとみなすべきかどうかを指定する.

詳細詳細

  • デフォルトの設定NullRecords->Falseでは,続けて現れる複数のレコードのセパレータは,単独のセパレータとして取り扱う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

記録のストリームを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

記録を読む:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ストリームを閉じる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

すべてのゼロ長の記録を含め,同じストリームを読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »