NumberMarks

NumberMarks
InputFormおよびこれに関連した関数のオプションとして使われ,で表されるナンバーマークを近似数値の表示に入れるか入れないかを指定する.

詳細詳細

  • NumberMarksのデフォルト値は$NumberMarksの値に等しい.
  • NumberMarks->Trueと指定すると,が機械精度および任意精度のすべての近似数値に付加される.
  • NumberMarks->Automaticとすると,任意精度の数には付加されるが,機械精度の数には付加されない.
  • NumberMarks->Falseとすると,出力される数値の種類によらずの表示は行われない.
  • ナンバーマークは数値の帰属する型を指定するために使われる.精度も確度も表す.
  • InputFormでは,NumberMarksの設定によらず,科学表記用の記号は常に使用できるようになっている.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトの,ナンバーマークのない機械数の書式:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//InputForm=

ナンバーマークを付けた同じ数:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//InputForm=

拡張精度数にはデフォルトでナンバーマークが付く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//InputForm=

ナンバーマークなし:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//InputForm=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »