NumberSigns

NumberSigns
NumberFormやこれに関連した関数に与えるオプションで,正と負の数に与える符号に使用する文字列を与える.

詳細詳細

  • NumberSigns->{"sneg", "spos"}は,を負の数の符号として,を正の数の符号として与えることを指定する.
  • このデフォルト設定はNumberSigns->{"-", ""}である. »
  • NumberSigns->{{"snleft", "snright"}, {"spleft", "spright"}}は,符号として数の左右両側に置く文字列を指定する. »
  • AccountingFormにおけるデフォルト設定はNumberSigns->{{"(", ")"}, ""}である. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

デフォルトの数の符号を持つ正と負の数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=

明示的な正の符号を加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=

AccountingFormでは負の値にカッコが用いられる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//AccountingForm=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »