Offset

Offset[{dx, dy}, position]
指定された位置 から始めて絶対オフセットだけ移動させたときのグラフィックスオブジェクトの位置を返す.

詳細詳細

  • Offsetを使い,どのような2Dグラフィックスプリミティブに対してでもオフセットの指定ができる.
  • は,Scaled[{x, y}, ...]ImageScaled[{x, y}]のどれを使っても指定できる.
  • オフセットは印刷用ポイントの単位で指定される.1ポイントは,拡大前でインチに等しい.
  • Offset[{dx, dy}]は,CircleあるいはDiskオブジェクトの中の絶対半径の指定に使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

印刷用ポイント数で座標をオフセットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

印刷用ポイント数で半径を設定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »