OneIdentity

OneIdentity
シンボル f に割り当てることができる属性で,パターンマッチの際,等が x に等しいことを表す.

詳細詳細

  • PlusTimesのような関数には,属性OneIdentityが与えられている.
  • Timesに属性としてOneIdentityが与えられていることにより,のようなパターンがに適合することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

Timesには属性OneIdentityがあるのでパターンはマッチする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

属性OneIdentityを持つ関数はどれでもマッチする:

In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »