Opacity

Opacity[a]
後に続くグラフィカルオブジェクトを,可能であれば不透明度 a で描画するように指定するグラフィックス指示子である.

Opacity[a, color]
不透明度 で指定した色を使う.

詳細詳細

  • Opacityは0から1の間で,0は完全な透過性を示す.
  • 色が で不透明度 a のオブジェクトが,色が のオブジェクトの前に置かれると,その結果の色は混合色 となる.
  • 不透明度が0.5の赤と青を混ぜ合せると結果は紫になる.この場合,物理的な単色フィルタを使ったときと違って黒にはならない.  »
  • Opacityは2Dグラフィックスと3Dグラフィックスの両方に使うことができる.
  • 透過性のある表面を含む3Dグラフィックスの描画には非常に時間がかかるかもしれない.
  • 透過性を含むグラフィックスは高解像度のビットマップで印刷する必要があるかもしれない.
  • 多くのコンピュータシステムでは,不透明度 a のオブジェクトは a が小さすぎる場合,完全に透明に見える. »
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »