OutputResponse

OutputResponse[sys, u, {t, tmin, tmax}]
sys の入力 u に対する数値出力応答を について与える.

OutputResponse[sys, {u[0], u[1], ...}]
入力数列 に対する離散時間系 sys の出力応答を与える.

OutputResponse[sys, u, t]
入力 u に対する系 sys の記号出力応答を時間 t の関数として与える.

OutputResponse[sys, {u1, ..., um}, ...]
複数入力 に対する出力応答を与える.

詳細詳細

  • OutputResponseはインパルス応答,ステップ応答,ランプ応答としても知られている.
  • OutputResponseは,もとになっている微分方程式あるいは差分方程式を与えられた入力について解く.
  • 系のモデル sysStateSpaceModelまたはTransferFunctionModelでよい.
  • 微分方程式および差分方程式の初期値は,指定されていなければ0であるとみなされる.
  • OutputResponse[{ssm, {x10, x20, ..., xn0}}, ...]を使ってStateSpaceModel ssm の初期値を指定することができる.
  • ディスクリプタ状態空間系では,初期状態が矛盾しないものでなければならない.
  • 遅延状態空間系では,初期状態に履歴が含まれ,t≤0について として与えることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

二次の系のステップ応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

正弦波入力に対する伝達関数モデルの出力応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

応答を可視化する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

初期条件が非零の状態空間モデルからの応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

サンプルとして取られた正弦曲線に対する離散時間系の応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »