Overlaps

Overlaps
重複する部分文字列の扱いを指定するStringCasesStringCountStringPositionのオプションである.

詳細詳細

  • Overlapsが取り得る設定値:
  • False重複は許さない
    Allすべての重複を許す
    True異なる位置から始まる重複を許す

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

重複をさせない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべての重複を認める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

異なる位置から始まる重複を認める:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 5.1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »