MATHEMATICA 組込みシンボル

PackingMethod

PackingMethod
GraphPlotおよび関連関数のオプションであり,生成するレイアウト中に分離要素をどのように入れるかを指定する.

詳細詳細

  • 一般的な設定値:
  • "ClosestPacking"頂点左から始め最密充填で並べる
    "ClosestPackingCenter"中央から始め最密充填で並べる
    "Layered"頂点左から始め,層状に並べる
    "LayeredLeft"左から始め層状に並べる
    "LayeredTop"頂点から始め,層状に並べる
    "NestedGrid"ネストした格子上に並べる
  • 一般的なデフォルト設定はPackingMethod->"Layered"である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

非連結グラフを描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なるパックメソッドでグラフを描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »