PadRight

PadRight[list, n]
list を右にゼロで充填して,長さ のリストを生成する.

PadRight[list, n, x]
要素 の反復で充填する.

PadRight[list, n, {x1, x2, ...}]
要素 の循環反復で充填する.

PadRight[list, n, padding, m]
左に m 個の要素を余白として充填する.

PadRight[list, {n1, n2, ...}]
レベル i で長さ のネストされたリストを作成する.

PadRight[list]
不調和配列 list を0で充填して完全にする.

詳細詳細

  • PadRight[list, n, ...]は,paddingである特別の場合を除いては,常に長さ n のリストを返す.
  • の充填により,の循環反復が用意され,リストの最初の要素が がある箇所に置かれるようにリストがその上に重ねられる. »
  • Round[(n-Length[list])/2]の余白は,実質的にlist を中央寄せにする.
  • PadRight[list, n, list]は実質的にlist を循環的に扱う.
  • PadRight[list, n, {xlist}]は,それ自身がリストである個々の要素を繰り返すのに使用される.
  • PadRight[{}, n, {x1, x2, ...}]は,長さ n のリストに収まるようできるだけ多く列 を反復する.
  • PadRight[list, {n1, n2, ...}]は,list が不揃いな場合でも,次元がの完全な配列を生成する. »
  • PadRight[list, Automatic, x]は,完全配列を生成するために x で充填する.
  • 負である は,左充填を指定する.
  • PadRight[list, {n1, n2}, {{x11, x12, ...}, {x21, ...}, ...}]は,のブロックの反復で充填する.
  • PadRight[list, {n1, n2, ...}, list]は,list をすべての次元で循環として扱う.
  • PadRight[list, {n1, n2, ...}, padding, {m1, m2, ...}]は,レベル i で余白 を使用する.
  • オブジェクト list には,頭部Listがある必要はない.
  • PadRightSparseArrayオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

リストの長さが10になるようにで充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

で充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

を繰り返し使って充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

左側につ分の余白を残す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3×4配列を作るように充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=

完全配列を作るように充填する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »