Padding

Padding
さまざまな配列および画像操作のオプションで,指定されたもとのデータの範囲を超えて拡張される場合にどのように充填を行うか指定する.

詳細詳細

  • Paddingでよく使われる設定値:
  • cc で充填する
    "Fixed"各境界における要素の繰返し
    "Periodic"完全な配列の周期的繰返し
    "Reflected"境界における配列の反射
    "Reversed"完全な配列の反転
    None充填は行わない
  • 2D配列について,は各角に追加された矩形要素はもとの配列の角の要素をコピーしたものであるように指定する.
  • は,充填の際に配列内の最外側の要素の層が要素の最内側の層として繰り返されるように指定する.はこれらの要素が繰り返されないように指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ガウシアンによる画像変換,画像の外側の画素値を黄色にする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »