PairedBarChart

PairedBarChart[{y1, y2, ...}, {z1, z2, ...}]
棒の長さがそれぞれ , , ...と , , ...ある一対の棒グラフを作成する.

PairedBarChart[{..., wi[yi, ...], ...}, {..., wj[zj, ...], ...}]
棒の特徴が記号ラッパー で定義された一対の棒グラフを作成する.

PairedBarChart[{data11, ...}, {data21, ...}]
2つのデータ集合 から一対の棒グラフを作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PairedBarChartのデータ要素は次の形式で与えることができる.
  • yi純粋な棒の値
    wi[yi,...] とラッパー を持つ棒
    formi->miメタデータ を持つ棒の形式
  • 上記以外の形式で与えられたデータは欠測値とみなされ,一般に棒グラフの欠落部として表示される.
  • PairedBarChartのデータ集合は次の形式で与えることができる.
  • {e1,e2,...}ラッパーがある/ない要素のリスト
    w[{e1,e2,...},...]データ集合全体に適用されたラッパー
    w[{data1,data1,...},...]すべてのデータ集合に適用されたラッパー
  • グラフの要素に次のラッパーを使用することができる.
  • Annotation[e,label]注釈を与える
    Button[e,action]要素がクリックされたときに実行するアクションを定義する
    EventHandler[e,...]要素の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[e,uri]要素がハイパーリンクとして機能するようにする
    Labeled[e,...]要素にラベルを付けて表示する
    Legended[e,...]グラフの凡例に要素の特徴を含む
    Mouseover[e,over]要素がマウスオーバーの形式を示すようにする
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを加える
    StatusArea[e,label]要素の上にマウスが来たときにステータスエリアに表示する
    Style[e,opts]要素を指定したスタイルで示す
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを加える
  • PairedBarChartにはGraphicsと同じオプションに次の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio全体的な縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    BarOriginBottom棒の始点
    BarSpacingAutomatic棒と棒の間隔
    ChartBaseStyleAutomatic棒の全体的なスタイル
    ChartElementFunctionAutomatic棒の生のグラフィックスをどのように生成するか
    ChartElementsAutomatic各棒に使うグラフィックス
    ChartLabelsNoneデータ要素とデータ集合のラベル
    ChartLayoutAutomatic使用する全体的なレイアウト
    ChartLegendsNoneデータ要素とデータ集合の凡例
    ChartStyleAutomatic棒のスタイル
    ColorFunctionAutomatic棒の彩色方法
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数を正規化するかどうか
    JoinedFalse棒を繋ぐかどうか
    LabelingFunctionAutomatic棒にどのようにラベルを付けるか
    LegendAppearanceAutomatic凡例の全体的な外観
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
  • BarOriginの可能な設定値にはがある.
  • BarSpacing->{sb, sg, sp}と設定すると, はペアになった棒の間の空間の制御に使うことができる.の単位は結果のグラフィックスの幅との割合になる.
  • ChartLayoutの可能な設定値にはがある.
  • ChartElementFunctionに渡される引数は,棒の始点,データの値 ,データ集合のネストしたリストにおける各レベルからのメタデータである.
  • ChartElementFunctionの組込み設定のリストはで得ることができる.
  • ColorFunctionoとScalingFunctionsに渡される引数は である.
  • PairedBarChartのオプションおよびその他の構造からのスタイルその他の指定は事実上ChartStyleColorFunctionStyleその他のラッパー,ChartElementsChartElementFunctionの順に適用される.後ろになるほど優先順位は高くなる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

2つの高さのリストから一対の棒グラフを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カテゴリてきなラベルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カテゴリ的な凡例:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

いくつかのデータ集合を図にする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »