PairedZTest

PairedZTest[data]
data の平均がゼロであるかどうかを検定する.

PairedZTest[{data1, data2}]
および の平均が等しいかどうかを検定する.

PairedZTest[dspec, ]
母分散 を想定して,ゼロあるいは等平均であるかを検定する.

PairedZTest[dspec, , 0]
に対して平均を検定する.

PairedZTest[dspec, , 0, "property"]
の値を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PairedZTestは,真の母平均はある値 であるという帰無仮説 および であるという対立仮説 で,data に対して仮説検定を行う.
  • について, PairedZTestは2つのデータ集合の対応のある差の検定を行う.
  • デフォルトで確率値あるいは 値が返される.
  • 値が小さいということは,が真である可能性は少ないということである.
  • dspec のデータは,一変量あるいは多変量になりうる.
  • 引数 は,任意の正の実数,あるいは data の次元に等しい次元を持つ正定値行列でよい.
  • 引数 は,実数,あるいはデータの次元に等しい長さを持つ実数ベクトルでよい.
  • PairedZTestは, data が正規分布に従い,分散が既知でデータから推定されないと仮定する.
  • 分散あるいは共分散の行列が与えられない場合には,PairedZTestは標本推定値を既知の分散あるいは共分散として扱う.
  • PairedZTest[dspec, , 0, "HypothesisTestData"]は,形式 htd["property"]を使って追加の検定結果と特性を抽出するのに使えるHypothesisTestDataオブジェクト htd を返す.
  • PairedZTest[dspec, , 0, "property"]を使っての値を直接与えることができる.
  • 検定結果のレポートに関連する特性:
  • "DegreesOfFreedom"検定の自由度
    "PValue" 値のリスト
    "PValueTable" 値のフォーマットされた表
    "TestData"検定統計と 値のペアのリスト
    "TestDataTable" 値と検定統計のフォーマット化された表
    "TestStatistic"検定統計のリスト
    "TestStatisticTable"検定統計のフォーマット化された表
  • 既知の分散 が与えられていない場合には,PairedZTestは,標本分散が一変量データの既知の分散であると仮定して 検定を行い,標本共分散が多変量データの既知の共分散であると仮定してHotellingの検定を行う.
  • オプション:
  • AlternativeHypothesis"Unequal"対立仮説の不等
    SignificanceLevel0.05診断とレポートの打切り点
    VerifyTestAssumptionsAutomaticどの仮定を確かめるのか
  • 位置の検定については, のときに限り が拒絶されるように打切り点 が選ばれる.およびの特性に使われる の値は,SignificanceLevelオプションで制御される.この値 は,正規性,等分散,対称性の検定を含む仮定の診断検定にも使われる.デフォルトで に設定される.
  • PairedZTestにおけるVerifyTestAssumptionsの名前付き設定:
  • "Normality"すべてのデータが正規分布に従うことを確かめる

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

母集団の平均がゼロであるかどうかを検定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

完全な検定表:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2つの従属母集団の平均が異なるかどうかを検定する:

In[1]:=
Click for copyable input

差分の平均:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

レベルでは,差分データの平均は0とあまり違わない:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

従属多変量母集団の位置を比べる:

In[1]:=
Click for copyable input

差分の平均:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

レベルでは,差分データの平均は0とあまり変わらない:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »