ParallelDo

ParallelDo[expr, {imax}]
expr回並列評価する.

ParallelDo[expr, {i, imax}]
1から までの値を(刻み幅1で)連続して取る変数 iexpr を並列評価する.

ParallelDo[expr, {i, imin, imax}]
から始める.

ParallelDo[expr, {i, imin, imax, di}]
刻み幅 di を使う.

ParallelDo[expr, {i, {i1, i2, ...}}]
連続する値 , , ...を使う.

ParallelDo[expr, {i, imin, imax}, {j, jmin, jmax}, ...]
i について j 等の異なる値上で並列にループして expr を評価する.

詳細とオプション詳細とオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

ParallelDoは,並列である点を除いてDoと同じように働く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ParallelDoは結果を返さない:

共有変数を使って求まった結果をマスターカーネルに伝える:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »