ParallelTry

ParallelTry[f, {arg1, arg2, ...}]
を並列評価し,最初に得た結果を返す.

ParallelTry[f, {arg1, arg2, ...}, k]
最初の k 個の結果のリストを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ParallelTryは,使用可能なことなるカーネルとプロセス間に自動的に計算を分配する.
  • k 個の結果が返された後になお残っている評価は放棄される.
  • の1つを評価した結果が$Failedの場合,その結果は無視される.
  • $Failed以外の結果が得られない場合,ParallelTry$Failedを返す.
  • ParallelTry[f, {arg1, arg2, ...}]の評価を,から始まる異なるカーネルとプロセスに割り当てる.
  • の数がカーネル数よりも多い場合,の中には最初の方のカーネルが$Failedを返さない限り試みられないものもある.
  • ParallelTryParallelTableと同じDistributedContextsオプションを取る.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »