Partition

Partition[list, n]
list を重複しない長さ n のサブリストに分割する.

Partition[list, n, d]
d をオフセットとするサブリストを作成する.

Partition[list, {n1, n2, ...}]
ネストされたリストを ××...のサイズのブロックに分割する.

Partition[list, {n1, n2, ...}, {d1, d2, ...}]
list でレベル i でオフセット を使う.

Partition[list, n, d, {kL, kR}]
list の最初の要素が最初のサブリストの の位置に,list の最後の要素が最後のサブリストの の位置またはそれ以降に現れることを指定する.要素の追加が必要な場合,Partitionlist を循環的に扱い,充填する.

Partition[list, n, d, {kL, kR}, x]
必要なら要素 x を反復して充填する.

Partition[list, n, d, {kL, kR}, {x1, x2, ...}]
必要なら要素 を循環的に反復し充填する.

Partition[list, n, d, {kL, kR}, {}]
パディングしないので異なった長さのサブリストを与えることがある.

Partition[list, nlist, dlist, {klistL, klistR}, padlist]
ネストされたリストで整形およびパディングを指定する.

詳細詳細

  • Partition[list, n, d]によって作成されるサブリストはすべて,長さが n となる.この結果,list の終りにある要素の中にはいずれのサブリストにも出現しないものがある.
  • list の要素はすべて,Partition[list, n, 1]により作成されたサブリストに現れる.
  • Partition[list, n, d]において dn より大きい場合,list の中部にある要素が飛ばされる. »
  • Partition[list, n, d, {kL, kR}]は,list の先頭または最後からはみ出すサブリストも許す.
  • Partition[list, n, d, k]は,Partition[list, n, d, {k, k}]に等価である.
  • の通常の設定:
  • {1,-1}はみ出しなし
    {1,1}最大のはみ出しを最後で許す
    {-1,-1}最大のはみ出しを最初で許す
    {-1,1}最大のはみ出しを最初と最後で許す
  • Partition[list, n, d, {kL, kR}, padlist]は,padlist の反復コピーを置き,list のひとつのコピーを上に重ね,結果を分割する. »
  • padlist の通常の設定:
  • x単一要素の反復で充填
    {x1,x2,...}要素の列の循環反復で充填
    listlist を循環的に扱って重点(デフォルト)
    {}充填なし,異なった長さのサブリストが残る可能性がある
  • もし list の長さが s ならPartition[list, n, d]は,Max[0, Floor[(s+d-n)/d]]サブリストを生成する.
  • Partition[list, {n1, n2, ..., nr}]は,list のレベル r にある要素のブロックを,深さが r のネストされた周囲の要素のリストで置き換える.  »
  • もしオフセットが指定されていない場合,ここでの周囲とはすぐ隣を指し,オーバーラップしていないとする.
  • Partition[list, {n1, n2, ...}, d]は,すべてのレベルでオフセット d を使用する.
  • Partition[list, nlist, dlist, {{kL1, kL2, ...}, {kR1, kR2, ...}}]は,list の要素が結果のブロックのの位置に現れ,list の要素が結果のブロックの位置またはその後に現れることを指定する.
  • は,と等価である.
  • は,に等価である.
  • Partition[list, {n1, n2, ..., nr}, klist, padlist]は,padlist のコピーで深さが r の配列を作成し,その上に list を重ね,結果を分割する.
  • もし list の次元がなら,Partition[list, {n1, n2, ..., nr}]の次元はとなる.ただし Floor[si/ni]で与えられるものとする.
  • オブジェクト list には,ヘッドListがある必要はない. »
  • PartitionSparseArrayオブジェクトに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

長さ2のサブリストに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

長さ3でオフセット1のサブリストに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次元配列をオフセットが1の2×2ブロックに分割する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »