MATHEMATICA 組込みシンボル

PassEventsUp

PassEventsUp
EventHandlerのオプションで,特定のイベントハンドラで扱ったイベントをより外側の式中のイベントハンドラに渡すかどうかを指定する.

詳細詳細

  • 可能な設定値:
  • Trueすべてのイベントをより外側に渡す
    Falseイベントは何も渡さない
    Automaticイベントのアクションを評価してFalseにならないときだけそのイベントを渡す
  • PassEventsUp:>test の設定のとき,式 test はイベントハンドラが当該イベントに関して指定されたアクションを取った後で評価される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトで,ネストしたEventHandlerアクションは指定のアクションによって始まる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

PassEventsUpを無効にすることで外側のEventHandlerアクションが始まるのを防ぐ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Shiftキーが押されたときの外側のEventHandlerアクションを許可する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »