PasteButton

PasteButton[expr]
押されるたびに をペーストするボタンを表す.

PasteButton[label, expr]
付きのボタンを表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • は,デフォルトで入力ノートブックの現行挿入点にペーストされる.
  • PasteButton[notebook, label, expr]は,指定されたノートブックにペーストする.
  • PasteButtonは,通常の方法で引数を評価する.つまり,は即座に評価される.
  • PasteButton[Defer[expr]]expr の未評価の形をペーストするボタンを作る.
  • に選択プレースホルダがある場合,ペーストの際にこのプレースホルダに現行の選択オブジェクトが入れられる.
  • 選択プレースホルダは記号のあるいは\[SelectionPlaceholder]で表される.
  • はどのような式でもよい.
  • PasteButtonにはButtonと同じオプションを使うことができる.
  • PasteButton[expr]Button[expr, None, BaseStyle->"Paste"]で作られるものと機能が等しいボタンを作成する.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »