PathGraph

PathGraph[{v1, v2, ...}]
頂点 から への辺からなる経路を与える.

PathGraph[{e1, e2, ...}]
を持つ経路を与える.

PathGraph[{v1, v2, ...}, {e1, e2, ...}]
頂点 と辺 からなる経路を与える.

PathGraph[{..., wi[vi, ...], ...}, {..., wj[ej, ...], ...}]
頂点と辺の特性が記号ラッパー で定義された経路を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PathGraphGraphオブジェクトを生成する.
  • PathGraphGraphと同じ頂点,辺,ラッパーおよびオプションをサポートする.
  • 無向経路グラフは各頂点の次数が最高で2の連結グラフである.
  • 有向経路グラフは各頂点の入次数および出次数が最高で1の連結グラフである.
  • PathGraphは巡回以外では自己排除型の経路しか表すことができない.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »