PerformanceGoal

PerformanceGoal
プロットおよびその他のさまざまなアルゴリズム関数のオプションであり,関数のパフォーマンスのどの局面を,オプション設定Automaticで最適化するかを指定する.

詳細詳細

  • PerformanceGoalの設定値を変えることで,実質的に他のオプションにおけるAutomaticの意味が変わる.明示的なオプション設定はPerformanceGoalの影響を受けない.
  • よく使われるPerformanceGoalの設定値:
  • "Quality"最終結果の品質について最適化する
    "Speed"結果を得るまでの速度について最適化する
  • PerformanceGoalの一般的なデフォルトの設定値は$PerformanceGoalである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

一般に,PerformanceGoalManipulate のコントロールがアクティブなときには異なる設定を使う:

PerformanceGoalの各設定についての結果を比べる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »